FC2ブログ

オホーツクの大地から~ 国鉄闘争 『上京物語』

Entries

オホーツクの大地でスロウな生活をおくっていたが・・・突如、東京への単身赴任!!

  • <<  月日の流れは早い~
  • >>  新たな一歩と・・・・『揺れました~』

スポンサーサイト

Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『SL冬の湿原号』・・・・・発車オーライ?????

  • 2013.01
  • 28

Edit456

SL1
 オホーツク及び北海道全域が豪雪にみまわれる中、元国鉄職員2名(私と父)、妻々と息子、ば~さんの5人で釧路発の『SL冬の湿原号』に乗ってきました!!

 SL湿原号は毎年1~3月の土日を中心とした期間限定で運行され、ラムサール条約登録地であり国立公園の特別地域に指定される『釧路湿原』の中を運行するとあって国内だけでなく海外からの観光客にも大人気の列車の旅なのです・・・・

 特に、この日は通常は釧路⇔標茶間しか走らないSLが釧路⇔川湯温泉へと延長して運行する日で、例年は一シーズンに二日間しか延長されない運行日が、今年は四日間になり特に人気の乗車日になっていたのだ・・・・マニアではないので良くは分からないが???『乗り鉄』にも『撮り鉄』にも『音鉄(?)』にも特別な日のようだ・・・・・

SL2

 元国鉄マンの2人と元国鉄マンの妻二人は昔を懐かしみ乗車したが・・・・息子はマンガにゲームに最後にはDVD鑑賞!!・・・・確かに懐かしさも何もないのかも?知れないが・・・・

 沿線にはカメラマンが沢山いて撮影の合間に手も振っていたが・・・・最終駅の川湯温泉駅到着前の山の中には『かんじき(スノーシューて言うのかな~?)』を履き雪山を登って来たのだろう!!線路ギリギリの所の雪に穴を掘り、そこに寝ながらベストショットを狙っている人の姿も見受けられた・・・・

darumasutohbu
 車内には『だるまストーブ』があり、スルメなどを焼いて食べる事も出来るようになっている・・・・しかし、客車自体は全車両とも窓も開かなく、それぞれにテーブルも付いているので古さは無く昔を思い出すような感じではなかった・・・・

 列車最後尾には『緩急車』が付いて、家族皆で行ってみたのですが・・・・ここが一番の特等席かもしれない・・・・小さい頃に乗った記憶が思い出す場所だった・・・・親父もSL本体よりも喜んだような気がする・・・・

 『緩急車』には釧路湿原の成り立ちや動植物について説明をしてくれるネイチャーガイドの方がいたのだが・・・・天井に設置された扇風機を見て「このマーク何のマークなんだろう?」と言うので「ああ~それは国鉄のマークです!!」・・・・「何て書いてあるんですか?」「JNRです!」・・・・「どういう意味ですか?」「Japanese National Railwaysです。今のJRはNationalが無くなりJRと言うようになったんです!!」・・・・・

 ガイドの方もそれほど若くは見えなかったが国鉄はすでに遠い昔の話なのかな~と思った一瞬だった・・・・

 JNRからJRへ・・・一時期はNはNRU(国労)を排除してJRになったなどと言われた事もあったのだけれど・・・・

tsuruimuratsuru
 
 今回、SLに乗る為に格安レンタカーを乗り捨てで借り釧路駅に返却をしたのだが・・・・

 乗車前に鶴居村にて『丹頂鶴』を見学してきた・・・・年々生息数が激減してきたと言われてきたが、地域住民や関係者の手によって、ここ数年で生息数が増え続けているらしい・・・・

tsuru2

 のんびりとしている訳ではないが、私のスロウな日々ももう少しで終わりを告げようとしている・・・・このブログも4月からは『スロウな日々をこよなく愛す田舎者の上京物語』にでもしようかナ~(終)
 
関連記事

Comment

top

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

top

URL
http://tosodan.blog84.fc2.com/tb.php/456-74666992
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
  • <<  月日の流れは早い~
  • >>  新たな一歩と・・・・『揺れました~』

プロフィール

Toyのパパ

Author:Toyのパパ
北海道オホーツクの大地で妻一人、息子一人、犬一匹と暮らし、酒を好み花を愛し旅を楽しむ『スロウ』な生活に憧れる・・・オジサンです!

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © Toyのパパ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。