FC2ブログ

オホーツクの大地から~ 国鉄闘争 『上京物語』

Entries

オホーツクの大地でスロウな生活をおくっていたが・・・突如、東京への単身赴任!!

  • <<  男泣き・・・・・
  • >>  時計台の~・・・・・恋の街、札幌~

スポンサーサイト

Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじまりました・・・・第二幕の人生!!

  • 2013.04
  • 06

Edit464

朝食
 今日の朝食は『なめこの味噌汁(自家製みそ)・サラダ・マルハの缶詰・ヨーグルト』・・・・ヨーグルトは北見で妻々が手作りしていた『カスピ海ヨーグルト』を見習い手作り増殖中!!ジャムは私が栽培した『ラズベリー』の手作りジャム!!

 2013年4月1日、私の新たな第一歩と新天地での生活がスタートした・・・朝9時に辞令を頂き、約23年ぶりに定職に就くことになった・・・・・

 これまでの人生は、本当に長い道のりで遠回りもした・・・・本来ならJRで働き続けるはずだったが、今は故郷から一人離れての単身赴任だ!!寂しさはあるがやる気も充分だ?!

 約一週間が過ぎたが、まだまだ仕事は手に付いていない・・・・覚えることも教わらなければならないことは山ほどあるが私に皆さんが係ってばかりはいられないので自らが少しでも自立して仕事をしなければと思う 

肉鍋
ある日の夕食・・・・『肉豆腐なべ?』とグレープフルーツサワー

 このブログでも今まで書かなかったが、この度、私が再就職を果たした職場は・・・実は・・・・ある『労働組合』の職員(書記)として採用され、今後は組織局の組織拡大オルグ担当として活動することになっている・・・・・・

 闘争団員としての実績を買われたのか?は別としても・・・・私を採用して頂いた役職員はもちろん、この間、国鉄闘争を支援して頂いた仲間・・・・そして旧団員・家族の25年間の闘いに恥じぬよう全力で任にあたり結果も出さなければならないと強く感じている・・・・・

お弁当
お弁当も毎日持って行くようにしました!!

 私が労働運動の前線で闘い続けることは、私個人だけの問題でも課題でもないと思っている。

 『国鉄闘争』が終結した今、国鉄闘争の歴意的存在価値・存在意義も問われると感じている・・・・

 闘いに身を投じた全ての団員・家族が社会に目を向け、闘いの中で得たであろう知恵や教訓を生かし地域社会の諸課題や平和で戦争のない世界の構築に役立てながら、人生を強くたくましく生き闘い続けなければ意味がないと考えてきた・・・・

 しかし、今後の運動の中で私自身、国鉄闘争を引き合いに出したり自負するつもりは毛頭ない・・・・・

 大切なのは自分の生きた経験を今後の組合運動の中に「どう?」活かせるのか?だろう!!

 自らの生き方と人との係り方・・・・

 誠実に・・・そして、いかに強く人生を生き抜くのか・・・・

 社会の為に、地域の為に、そして労働者の為に何をすべきなのか・・・・・

 課題は多いが自ら足を入れた世界、人生の半分を闘争と組合運動に費やしてきた人生だ!!立ち止まってはいられない・・・・来週からも頑張ろう!!

パスタ
イタリア産トマトの缶詰(自宅より持参)で作った『味噌トマトソースのパスタ』

 新人研修と共に都内の各労働組合に新任の挨拶にお伺いした・・・・懐かしき皆様ともお会いすることが出来き、あらためて闘いのお礼をする機会ができた・・・・

 それにしても・・・・話が変わるが・・・・いつの間にかの『あがり症』『緊張症』になってしまった・・・・

 あんなに何千人の前でも緊張しなかったのに、この2年間、団員・家族の前以外では話すことがなかったせいなのか?口が回らない!!言葉が出てこない・・・・話がまとまらないのだ!!

 老化現象なのだろうか???

 とにかくガンバロウ!!(終)



---追 伸------

 女優の坂口良子さんが亡くなった・・・・・

 先日、国鉄の先輩から電話があり「ふと」思い出した!!

 坂口さんは旭川出身で先輩のいとこだった・・・・・

 私は直接会う機会はなかったが、職場の先輩たちは何度か紹介され一緒にお酒を飲んだこともあるし、網走でのCM撮影後にも酒を飲んだと話していた・・・・・

 まだまだ若かっただけに残念な別れになってしまった・・・・(合掌)

 

 

 
関連記事

Comment

top

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

top

URL
http://tosodan.blog84.fc2.com/tb.php/464-fac84653
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
  • <<  男泣き・・・・・
  • >>  時計台の~・・・・・恋の街、札幌~

プロフィール

Toyのパパ

Author:Toyのパパ
北海道オホーツクの大地で妻一人、息子一人、犬一匹と暮らし、酒を好み花を愛し旅を楽しむ『スロウ』な生活に憧れる・・・オジサンです!

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © Toyのパパ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。